Get Social

日本人の死亡原因第2位心臓病はなぜこわい!?

心臓病の死者の数は年々増加している

心臓病は日本人の死亡原因の第2位を占めており、心臓病全体では約19万5000人の人が年間でなくなっています。心臓は1日10万回も拍動し、何十年も命を支えてくれる非常に精巧にできている臓器で特にその筋肉、つまり心筋はかけがえのないものといえるでしょう。心臓病がこわいのは、そのものが突然死という心不全の引き金になるからです。特に近年増加しているのが、動脈硬化性の心臓病で突然死のリスクが高まっています。

心臓病はなぜ増えているのか!?

過労死や突然死の原因の多くは心臓病によるものです。医学が進歩した現在でも命取りになるこわい病気の一つになります。また、心臓病が増える要因には高齢化も大きくかかわっており、高齢者が多くなるといわゆる三大生活習慣病の患者が増加し、結果として動脈硬化により引き起こされて心臓病の割合がふえることになるのです。また、欧米化した食生活や過剰なストレス社会、勤務時間の増加なども大きな原因となっているといえるでしょう。

無症状のうちに進行するものもある

心臓病は大きく分けて、虚血性疾患と不整脈、先天性疾患や心臓弁膜症それから心膜、心筋疾患があります。この中には無症状のうちに進行して、ある日突然、発作を起こして死に至る危険性を有するものもあるのです。働き盛りの人が突然死したりすることもあり、万が一、運転中や地下鉄のホームの端を歩いている時に発作を起こすことを考えれば、非常にこわい病気といえるでしょう。このような最悪の状態を、つまり突然死や心不全を予防するためには正しい知識を持ち、日々の生活に注意していくことが大事でしょう。

大動脈弁狭窄症を発症すると、大動脈弁口が狭まる故に抵抗が増え、血液を全身へ送ることが困難になります。その為、収縮期血圧の低下を引き起こし、様々な臨床症状を発症することになるのです。

Comments are closed.