Get Social

レーザー脱毛の痛みってどれくらい?対処法も教えます

効果は高いけど、痛みも大きいレーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療用レーザーを使用するため、脱毛効果は高いのですが、その分痛みも伴うと言われていますよね。この痛みは、施術部位や肌質など個人差があるものの、多くの人が痛いと感じるようです。特にVIOラインやワキ、顔などは痛みが強く、ひざ下やひじ下、お腹などは痛くないようです。レーザー脱毛は、黒色だけに吸収される光を照射して毛を再生させる組織を破壊するので、少ながらず痛みが出てしまうのは仕方のないことなんです。

痛みは麻酔で軽減できる

レーザー脱毛で感じる痛みは、輪ゴムで弾く程度の痛みと言われていますが、痛くて脱毛が続けられないというものから、我慢できる程度だったとする人がいます。痛みに弱い人だったら、怖くてやめてしまうかもしれませんね。しかし、痛みに弱い人でも安心して施術が受けられるように、医療機関では施術部分に塗って皮膚の感覚を鈍らせる麻酔クリームや笑気ガスを吸入して痛みを和らげる笑気麻酔を行ってくれます。毛の濃い部分や色素沈着の濃い部分は無痛ではないものの、かなり痛みが和らぐので安心ですね。

もし痛みに耐えられない場合は?

医療機関でのレーザー脱毛は、痛みに対して様々な対処方法を取ってくれます。レーザーの出力を下げたり、麻酔の使用、十分な冷却・保湿ケアなどの対処方法をすることでかなり痛みが和らぐそうです。レーザーの出力を下げると痛みが軽減されますが、脱毛効果も落ちてしまうので注意してくださいね。また、医療機関では、施術前後に肌を冷やしたり、保湿ケアを行ってくれますが、肌を冷やしたり、十分に保湿することで肌がダメージに負けにくくなるので、痛みが感じにくくなるんです。痛みに弱い方は、施術者に申し出てこのような対処をしてもらったり、自分でも保湿ケアを行ったり、日焼けを避ける、生理前後の施術は避けるといったことを行うと安心ですよ。

医療レーザー脱毛は美容外科などの医療機関で利用できる無駄毛処理です。医療用のレーザーは出力が高く、毛根を効果的に焼き潰すことが出来る利点があります。

Comments are closed.