Get Social

突然死の可能性もある恐ろしい心臓病。予防するために大切なことは?

肥満にならないよう気を付けましょう

心臓病と聞くと心臓の機能に何らかの問題があるというイメージを抱く人も多いものでしょう。けれどもそもそも心臓病は心臓が何らかの大きなダメージを受けることにより、病状が悪化したり突然倒れるといった状況が起きることが多いのです。心臓に大きな負担を与えてしまう要因のひとつが、肥満です。太りすぎることでコレステロール値も上がり、血管は詰まり血が通りにくくなり、心臓への橋渡しがスムーズに行えなくなるのです。心臓病を防ぐためにはまず、食生活をはじめ日々の生活習慣を見直して、太りすぎを解消することが大切です。

喫煙も心臓病の原因になるのです

心臓へ大きな負担を与えてしまうものに、喫煙があります。煙草は癌などのリスクも高めると同時に、心臓病の原因にもなるのです。煙草を吸うことで血管は収縮して血流が悪くなってしまい、その結果、血管も老化し血はドロドロになり、心臓や脳、内臓にスムーズに血が流れにくくなってしまうのです。煙草をやめることは血液をきれいにすることにもつながります。禁煙は血管も健康になると共に、心臓への負担も減ることを頭に入れておきましょう。

高血圧の予防は心臓病の予防につながります

高血圧の人は、心臓病のリスクも高まってしまうので注意が必要です。食生活においてはできるだけ塩分は控え、適度に運動したりストレスを発散させることが大切です。また寒い場所にいると血圧が上がるので、冬場に浴室で服を脱ぐ際などはあらかじめ部屋を暖めておくようにしましょう。冬場の浴室での心臓発作も多いとされていますが、それはこのように血圧が急激に上がることで心臓にダメージが起こることが原因なのです。高血圧を防ぐことで心臓病も防ぐことができるのです。

大動脈瘤とは、身体に栄養を送る大動脈のどこかにコブができる病気です。このコブは破裂する危険性があるので、一般的に破裂しないようにする手術が行われます。

Comments are closed.